タイ、チェンマイにて草木染め体験
 


 チェンマイの家の風景。仏教徒である彼らには、ご飯の前のお祈りはかかせません。







 この日届いたのはトルコ産の繭、奇麗に洗って選別します。














 

 これは、ゴールデンシルクと呼ばれる黄金色に輝く繭から、糸を紡いでる所。

 何の着色もしていません。














 

ラックで染めている所。

 ラックとは、動物やったかな?樹液と聞いたような気もするが、5年前やから忘れました。

 普通は淡いピンクぽい色になりますが、3度染めたらかなり濃い赤が出ました。















 

染めた糸を乾かし巻き取ります。嘗ての日本と同じように女の人の仕事です。
















 

敬虔な仏教徒であるタイ国の生活に祈りはかかせません。

TOPへshapeimage_2_link_0