染め型制作

 

型制作風景


引き彫





シルクスクリーン染めスカーフ











振り袖部分

 
 

今日の京都の型友禅染技法の原型ともいえる『摺技法』が衣装の装飾技法として用いられだして、既に一千有余年の歴史を経ているといえます。最初は人々の祈りの標として、又儀礼の形として文様を繰り返して用いられたことから始まった摺り染めは、その後も人々を飾る衣服の加工方法として利用され、優美な染色技法として発展してきました。

近代にかけては『摺り友禅染』や『写し友禅染』の技法が大成し、現在の精密なスクリーン型のような模様型染めであるプリント技術まで寄与しています。

現在の友禅染めを大別すると、手描き友禅、型染め友禅、(摺友禅染め、写し友禅染め)に分けられるが、その歴史ははるか昔まで遡る事が出来ます。

ここでは型染めに焦点を当てて考えてみる事にします。

資料として、以下を参考にさせてもらいました。

『京友禅摺り染め-歴史と技法』

著者:生谷吉男先生 藤井健三先生

発行:京都友禅共同組合

現在の型染めを語るうえでかかせないのは摺技法の発祥と起源である。古代からの版技術である木版の凸版技術や、革版の孔版技術から派生して発達してきた高度な技術であり、摺技術は主に紙型で摺るという簡易な行為であり、木版や革版は、木や土または革などの天然素材そのままを利用しているのに対して、紙は天然素材を加工して得られた二次的な素材であり、紙型に拠る版技術は二次的な加工の生産技術が発展してからの技法であると言える。

和紙に柿渋を塗布し、紙の中まで染込ませる事による防水、防菌防腐効果のある強い型紙が出来た事により染めに応用したと考えられるが、染めを行うには耐水性のある防染材としての糊料が必要であり、型染めが中世期以前にあったとする事を明確に確認する事は出来ない。

そもそも紙が民間に普及しだしたのは、平安期以降の事であり、それも高価な物なので、室町期においても貴族が反故紙を梳き直して用いている事から、そんな重要な紙材を用いて型紙が成立した経緯や時期がはっきりとしない。

又、防水抗菌防腐作用のある天然素材として漆も考えられるが、紙にそれを塗布して強化しても、その強靭さから彫刻出来たかどうかは明らかではない。

資料として、室町末期における小紋染め初期の加工の様子が埼玉県、喜多院所蔵の狩野吉信画『職人絵』の『型置師』の絵に著されている。

その絵は、長板もしくは染め板と称する細長い板の上に白生地を貼り、その生地の端から順次型紙を送って糊で型付けをしてる様子が繊細に描かれている。又右方では糊置きが終わった生地を藍瓶に浸して染色をし、前方で伸子張をして色地染めや乾燥をしている様子が見られる。

染織史では一般にこの時期に引き染め技法があったと考えられていないのだが、この絵から推察するに、この時期にすでに型染め、引き染め技法が行われていたと考えてはいけないだろうか、しかしこれは推察の域を出ない。

鎌倉から室町時代にかけて、武士が用いた直垂や大紋、素襖などの模様のあるのが見え、その例をあげると、戦国大名の肖像画の着衣にその模様があるのが見える。

山口県・龍豊寺蔵の『陶弘護像』や神奈川県・草雲寺蔵『北条氏康像』など。それらを見れば、糊防染による白抜きや糊防染後に挿し彩色が行われているのが分かるであろうし、同じ時期にある東京国立博物館所蔵の『二本傘模様素襖』は高野山天野寺に伝来した奉賛神事の芸能衣装で、開いた傘と閉じた傘の二本傘の大模様を孔版型で糊置きし防染し、傘の中に色を挿して後に模様を糊伏せして楊梅で地色を出している。室町時代の作で、明らかに型を用いており、型模様を繋ぎ合わせた痕跡と数枚の型を合わせて糊置きするための星印が見られる。

古代から中世と、衣服に模様を付けるという作業は、権力の象徴や文化の発展に伴う華やいだ時代を写す人々の営みから生まれたのであり、貴族や権力者の優雅さから、しだいに庶民の間に広まってきたものである。

しかし、型染め技術が飛躍的な発展を遂げるのは近世期に入った江戸時代前期であり、戦乱後の華美な衣装を禁止した『奢移禁令』のもとに豪華な疋田鹿子の総絞り衣装などが禁止され、その代替技術として型紙で鹿子模様を摺表した『摺疋田』加工が模様小袖に行なわれだした。その頃には伊勢型紙も登場し、漉いた和紙に柿渋を何回も塗布し型紙として利用したものに、道具や小刀で彫刻した小紋型が登場している。

又明治初期の型友禅染めは、大半を摺り友禅で行っていて、地染めや模様の一部にのみ写し糊を使用していて、摺り技術を駆使して模様加工され、手描友禅を凌ぐ程に精密な摺り友禅模様染が行われている。

明治30年頃になると、大量生産に見合った技法の鮮やかな色彩を表現した写友禅染に生産の主流が移り、摺友禅が次第に型染めの一部になっていく様が伺え、明治40年から大正期にかかる頃には写し糊技法のみの写し友禅染が頻繁に行われるようになっていく。

写友禅は、糊料に化学染料を混ぜ、蒸熱して生地に染色する染法で、鮮やかな色彩と配色はそれまでと違った斬新な模様染めが出来るようになったのであり、まだ表着を地味な風に装っていた近代初頭ではその下に隠れるように着る派手な下着類はお洒落と粋を謳って装う格好の素材となった。

僅かの年月を経てあっという間に型友禅は下着から移行して表着の加工にも利用されるようになり、大正期から昭和初期のハイカラとモダンな洋装の風潮と重なって着尺柄の型友禅が一般的な着物として民間に定着していったのである。

図案も画期的な変化が現れ、日本画家が友禅の世界にも進出しだした。画家を起用した始まりは、千總の当主であった西村總佐衛門が、当時の流行の文人画家に対して、画の師匠であった岸竹堂を口説いて豆描友禅を依頼した事から始まる。

そうした事が広がり、写生派の野村文挙、内海吉堂、幸野楳嶺、その門下の竹内栖鳳、山本春挙、都路華香、菊池芳文などの大物画家が豆描の袱紗や友禅染めの下絵に関わっていったのである。又文人画家達も高島屋などからの依頼を受け、中西耕石、前田暢堂、村田香谷、土佐派の望月玉泉、なども友禅の下絵を手がけていった。それらの下絵を型紙に彫り込み、型友禅として着物に染め上げる事により、画家の弟子達から友禅職人になる人達が急増していった。近代友禅の確立と技術の向上にはこうした絵画力のある職人の輩出に大きな事由があったと言える。

次世代に向けて。

着物離れが進行している現在、冠婚葬祭においても着物姿がめっきり減ったのは非常に寂しい気持ちになるが、その反面アンテイーク着物と題して昔の着物が安価で手に入る事もあり、着物好きの裾野も広がっている事も事実である。ただ、着物産業として考えるに、新柄の生産が職人を育て、産業を潤す事から、魅力ある着物の提案や価格面での見直し等課題が多くある。若手が殆ど育っていない現在の着物産業を思うと暗澹たる気持ちになるが、それも企業努力により次世代を育てて行く可能性を秘めた産業でもあると考えている。

弊社の取り組み。

私は本物の型彫技術を学んだ一人として、この技術を後世に伝える義務があると思っていますし、この技術を何らかの手法で現代に活かせないかと日々考える毎日です。色んな事にチャレンジしたり、優れたデザイナーとの出会いによるコラボなど行ってきましたが、技術の継承や新たな取り組みに必要なのは、それが製品化出来るかどうか、汎用性があるかどうか、人々の暮らしや生き甲斐に役立てる物かどうか、それらが必要だと痛感しています。今では技術をパソコンにて表現出来るようになり、日々技術革新もしていますが、もう一歩進めて皆様のお役に立てる製品作りまで踏み込んで行く所存です。

ご感想はメールにてお願いします。



 

染型の成り立ちと歴史について

TOPへshapeimage_3_link_0

京都市左京区役所展示

左京の洛中洛外図